りんごがふたつ

遊びと絵本と、ときどきモンテ

五感を育てる遊び、センサリープレイ

センサリープレイを聞いたことはありますか?センサリー(Sensory)とは「感覚」という意味で、五感を育てる遊びとして、海外ではとても人気があります。メッシープレイ(Messy Play)とも言われ、着替え必須なことも多々ですが、子ども達はとても喜ぶ遊びです。

f:id:sichigoichie:20200815223434p:plain

センサリープレイって何?

センサリー「Sensory」というのは「感覚の」という意味で、センサリープレイは、触覚、味覚、嗅覚、聴覚、視覚などの五感を刺激する遊びです。

センサリープレイの効果

脳のシナプスを増やす

誕生から3年間は急激に増加する脳のシナプス。脳のシナプスは実体験によって増幅されるので、赤ちゃんには色々な種類の「感覚を刺激する経験」をさせることが大切と言われてます。

人間の脳には「臨界期(Critical Period) 」と呼ばれる、その能力を学習できる一番適切な時期があって、その時期を逃すと簡単にはその能力を習得できなくなります。

感覚の臨界期は生まれてからの数年間にあると言われ、赤ちゃんや幼児には感覚の刺激を与えることが不可欠と言われています。

 

センサリープレイは赤ちゃんや幼児に欠かせない感覚の刺激を、遊びを通して経験させてあげることができます。

運動能力を高める

つまむ、すくう、埋める、穴に通すなどの細かな運動スキル(Fine Motor Skill)や、運ぶ、押す、引っ張るなどの体を使った運動スキル(Gross Motor Skill)の発達につながります。

指先を使った運動能力をファインモータースキル(Fine Motor Skill)と呼び、体全体を使った運動能力をグロスモータースキル(Gross Motor Skill)と呼びます。どちらも、幼児期の発達には欠かせない大切なものです。

リラックス効果が期待できる

砂がサラサラと落ちる感覚、スライムを触った感覚、粘土をこねる感覚。感覚を刺激するセンサリープレイには気持ちを落ち着かせたり、穏やかにする効果があります。イヤイヤ期の幼児にまさにぴったり。もちろん、子どもだけでなく、一緒に遊ぶ大人にも効果的です。
 
そのほかに、言語能力やコミュニケーション能力、運動神経(hands-eye coodination)の向上にも効果があるといわれています。

センサリープレイの種類

センサリープレイは本当に沢山の種類がありますが、代表的なものを大きく3つに分けてみました。それぞれ「乾いたもの」「濡れたもの」「練るもの」と分けていますが、組み合わせて遊ぶこともよくあります。

乾いたもの

f:id:sichigoichie:20200722124611j:image

米、豆、パスタ、砂など乾いたものを使った遊び。

濡れたもの

f:id:sichigoichie:20200816222156j:plain

水、泡、油、泥など濡れたものを使った遊び。

練るもの

f:id:sichigoichie:20200529161327j:plain

粘土、スライム、キネティックサンドなど練って遊ぶもの。

 

どれも身近なものばかりですが、わが家での遊びもリンクをつけています。(徐々に記事を増やす予定です。)

4歳のひめは以前ほどはハマらなくなりましたが、「感覚の臨界期」真っ只中の2歳ぽぽには大人気のセンサリープレイ。

個人的にはセンサリープレイのリラックス効果が一番嬉しいところで、イヤイヤ期の幼児は一人で30分くらい黙々と遊び続けてくれます。「感覚の臨界期」にいるお子さんにぜひ試してみてくださいね。

 

関連記事

ringo-2.com

ringo-2.com