りんごがふたつ

遊びと絵本と、ときどきモンテ

指先の発達を促す2歳の「のり貼り」遊び

のり貼りというと、スティック糊を使うことが多いと思いますが、あえて、液体状の糊を使うメリットをご存知ですか?

 

今日は、2歳児におすすめの「のり貼り」遊びのお話です。

f:id:sichigoichie:20210604213505j:image

 

指先をたくさん使うことで脳が発達すると言われているので、ぜひ毎日の遊びに取り入れたいのが「のり貼り」遊び。

 

スティック糊を使うのが簡単だけど、たまに取り入れたいのが「液体糊」を使う「のり貼り」です。

指を使ったのり貼り

まずは、ベタベタする感触を体験するためにも、指先を使ったのり貼りをしてみましょう。

「ベタベタがイヤ」という子ももちろんいますが、五感を刺激するチャンスです。濡れタオルを用意しておきましょう。

筆を使ったのり貼り

指先を使ったのり貼りに慣れたら、今度は筆を渡してあげましょう。

指で塗るのとはまた違う、指先の発達を促すことができます。

f:id:sichigoichie:20210604213508j:image

図形にチャレンジ

丸、三角、四角など形に興味が出てきた我が家のぽぽ(2歳9ヶ月)。

「図形を線に合わせて貼る」遊びも用意しました。。

 f:id:sichigoichie:20210607201108j:image

 

線からはみ出さないように貼るのはなかなか難しい。

夢中になって何枚もチャレンジしています。

 

f:id:sichigoichie:20210607201312j:image


できた!

 

f:id:sichigoichie:20210607201517j:image

 

それを見ていた5歳のひめ。

「私も!」と作り始めます。 

 

f:id:sichigoichie:20210610213631j:image

 

素敵な「雪だるまと雪、木」の作品ができました。

 

2歳児が大好きな「貼る」遊び。

ぜひ液体糊を取り入れて見てくださいね。